歯周内科に取り組む熊本県天草市の生田歯科医院は安心・安全・誠実な歯科治療をめざします
ブログ
  • HOME »
  • リアルタイムPCR

リアルタイムPCR

リアルタイムPCR

生田歯科医院ではリアルタイムPCR法による歯周病菌のDNA診断を開始しました。

歯周病の進行度合いの診断は今まで、針でチクチクさして、歯周ポケットの深さを測るプロービング検査が主でした。この検査は計測する歯科医師や歯科衛生士によって、検査の値がかなり変わります。また、歯周病菌によって病的な状態になり、出血しやすくなっている部分を刺すことで出血させ歯周病の程度を調べています。

近年、このような出血を伴うプロービング検査が人体に危険であると主張する病理学者や感染症治療医が増えています。

一般社団法人国際歯周内科学研究会では、12年ほど前から位相差顕微鏡で歯周ポケットの中の微生物の状態で調べ、その状態に応じて抗菌剤や抗真菌剤による感染微生物の除菌を行い、除菌後にプロービング検査を行い歯石取りを行うように主張してきました。そして、その考え方は次第に歯科学会の中でも認められるようになってきています。

さて、位相差顕微鏡で確認できるのは歯周病の原因菌の一つと言われているらせん状菌だけでした。患者様の中にはらせん状菌はほとんどいないのに、歯ぐきの状態が悪い患者さんがいらっしゃいます。そのために、そのほかの悪玉菌を確認する方法が必要になりました。その方法がリアルタイムPCR検査です。

生田歯科医院では隣接するMicroexam社と共同で研究することで歯周病の原因菌の中で最も悪玉菌であると言われている5菌種のDNA診断を行うことが可能になりました。

それが下記の5菌種です。

Treponema denticola (トレポネーマ・デンティコーラ):顕微鏡で確認できるらせん状菌

Porphyromonas gingivalis (ポルフィノモナス・ジンジバリス)

●Tannerella forsythus (タンネレラ・ファーサイシア)

Aggregatibacter actinomycetemcomitans (アグリゲイトバクター・アクチノマイセテムコミタンス)

Prevoterlla intermedia (プレヴォテーラ・インターメディア)

Fusobacterium nucleatum (フソバクテリウム・ヌクレアタム)

この検査を行うことにより、数値で歯周病のリスクを知ることができるようになり、診断がしやすくなりました。

 

Q. リアルタイムPCR法による歯周病菌のDNA診断の値段はいくらぐらいですか?

A. この検査は保険が効きません。患者様には自費治療か検査を受けていただくか、保険治療の場合は委託販売方式による検査を受けていただくことになります。

インターネットで確認すると一般的な検査費用は3菌種(Red Complex)で16,200円ぐらいが相場です。

また、5菌種になると21,600円ぐらいです。

生田歯科医院ではMicroexam社と共同開発をしているために通常の半額で行っています。

・3菌種(Red Complex) 6,480円 委託販売方式

・5菌種 10,800円 委託販売方式

※注意点

委託販売方式の場合は受付窓口で物品販売になるために歯ブラシなどと同じ扱いになり、医療費控除の対象から外れますのでご注意ください。医療費控除を受けるには歯周病治療を自費治療で行う必要があります。

Q. リアルタイムPCR法による歯周病菌のDNA診断はどこでも受けることができますか?

A. Microexam社と提携をしている全国の歯科医院を下記HPに掲載されておりますので、お近くの歯科医院にご相談ください。

株式会社Microexam

一般社団法人国際歯周内科学研究会

●こちらが検査キットです。

検査キット

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ